体型と顔のたるみは別物?表情筋について知ろう!

アンチエイジングコラム

第2回 体型と顔のたるみは別物?表情筋について知ろう!

糸リフトで顔のたるみが改善できる理由

誰もが避けられない顔のたるみは加齢に伴う保湿力の低下や乾燥の他、表情筋の衰えが原因になる場合があります。表情筋は顔についている筋肉で、額や目の周り・頬・口元・首などに30種類以上もの筋肉がついています。それぞれの筋肉が影響し合って人間らしい様々な表情が作り出され、体の筋肉と同じように年齢を重ねると表情筋も少しずつ衰え始めます。体型維持のためのトレーニングやジョギング、ヨガ、水泳などで体を鍛えていたとしても、顔の筋肉も使わなければ顔のたるみはどんどん進んでしまうのです。

特殊な専用糸を使う「糸リフト」は表情筋の衰えによる顔のたるみにも有効です。たるみ改善には皮膚や皮下脂肪を支えている表情筋を鍛えると同時に、衰えた表情筋の力でも支えられる皮膚の状態を作ることが必要です。骨についている手足の筋肉と異なり表情筋は皮膚に直接ついているため、糸リフトでお肌の弾力やハリを取り戻すことによって表情筋の負担が減ります。支える表情筋と支えられる皮膚のバランスが整うとしわやたるみの軽減につながり、若々しい表情を作ることができるのです。

顔のたるみの原因は一つとは限らず豊富な知識と長年の経験を持ってしても原因の特定が難しい場合も多々あります。皮膚だけでなく筋肉や骨との関係、生活習慣や表情の癖など様々な角度から見極めなければなりません。たるみ治療は診断する医師の技量によって結果が大きく左右されますので、まずはカウンセリングを利用して信頼できる医師と出会えるかどうかが成功の鍵となります。

顔も筋肉でできている!鍛えることで老化予防!

糸リフトで皮膚の状態を引き上げると同時に顔の筋肉である表情筋を鍛えることでたるみ治療の効果が高まります。「顔ヨガ」や舌回しのエクササイズがメディアに取り上げられて有名になりましたが、日常生活の中でちょっと意識を持つだけでも変わってきます。「塵も積もれば山となる」ということわざのように日々継続していくことで、数年後10年後に差がつくのです。今すぐできる表情筋の動かし方、鍛え方をいくつかご紹介いたします。

目元

パチッとした印象の目元を作るには「眼輪筋」を動かすことが大切です。目の開閉は自然と行っていますが、意識して動かすことで皮膚を支える力を鍛えます。

  • ゆっくりと目をギュッと強く閉じていく
  • 強く閉じた状態を5秒間続ける
  • 徐々に力を抜いていき目を大きく開ける
  • 大きく開けた状態を5秒間続ける
  • 力を抜いてリラックスする

(3~5回繰り返す)

口元

ほうれい線は口の周りについている口輪筋や笑筋、頬筋などが関連してきますので、これらの筋肉を積極的に動かすことが大切です。割り箸を歯に挟んで「イ」の口をキープする方法は有名ですが、何も使わなくても意識するだけで効果が違ってくる部位でもあります。力を入れないと「へ」の字になりがちな口元を、奥歯を合わせた状態で口角を意識的に上げて10~30秒キープします。口角が上がると人間の表情は微笑んだように見えて印象も良くなります。電車の中や車の中、歩いているときなどいつでもどこでもこっそりできる方法ですのでぜひ継続してみてください。

笑顔

しわが目立って恥ずかしいからと理由で思い切り笑うことを避けていませんか?特に日本人は他国に比べ表情を豊かにするということが苦手な方が多く、生活の中で使う筋肉はわずか2割程度しかないと言われています。さらに拍車をかけているのがスマートフォンやパソコンなどの長時間利用です。電子機器と向き合っているときはほぼ無表情で下を向いているため、たるみを加速させてしまう要素がつまっているのです。

人と会っておしゃべりする、オーバーリアクションと思われるくらい表情を豊かにして話をするといった何気ない行動もたるみ予防につながります。表情を豊かにすることがたるみ予防になりますので、ストレスを溜めずお肌と気持ちを若く保つためにもおおいに笑って生活していきましょう。

結果を出す糸リフトは銀座長澤クリニックで

筋肉がつきやすい、脂肪が多いなど体格の差は一人ひとり違うように顔のたるみにも個人差があります。表情筋のつき方や使い方によってもたるみの現われ方が異なりますので、たるみを改善したい場合はプロである医師の力を借りることをお勧めします。

銀座長澤クリニックでは日本美容外科医師会理事を務める長澤院長が責任を持って診察と施術を行います。日本美容外科医師会は美容医療の質や技術力の向上を目的としており、認定医療機関はわずか30未満と日本でも数少ない指導医の一人です。たるみの改善方法には日頃のケアに加えマッサージやエクササイズなどがありますが、正しい方法で行わないと逆にたるみを加速させてしまう可能性もあります。「たるみが消えてる!」という実感を味わうためには一度専門医に診てもらうことが改善への近道です。

糸リフトはたるみの症状に合わせて必要な本数を決めることができ、患者様専用の治療プランを作ることが可能です。仕上がり具合や予算など丁寧にお聞きし総合的に判断した上で最適な本数を適切な部位に挿入していきます。顔のたるみでお悩みの方は高度な技術を備えた専門医が確かな結果を出し続けている銀座長澤クリニックへぜひ一度ご相談ください。


コラム

ページのトップへ戻る