たるみ撃退!最適な組み合わせ治療

アンチエイジングコラム

第6回 たるみ撃退!最適な組み合わせ治療

年齢を重ねるとどうしても気になる顔のたるみには糸リフトや超音波、医療用レーザーなど様々な治療法があります。一つの治療で改善するときもあれば、症状や原因に合わせていくつかの方法を組み合わせた治療が適している場合もあります。たるみをケアせず放置しておくとあっと言う間に進行し、実年齢より年上に見られてしまい見た目年齢に影響を与えてしまいます。今回はたるみでお悩みの方に若々しさを保つ最適な組み合わせ治療方法についてご紹介します。


たるみ治療の種類とは

目の下にできるいわゆる「ゴルゴライン」、口の脇からあごにかけて伸びる「マリオネットライン」、そして頬にくっきり刻まれる「ほうれい線」はしわの中でも特に目立ってしまい、1本あるだけで若々しさが失われてしまいます。保湿力の低下や表情筋の衰えなどにより支えきれなくなった皮下脂肪がたるむことでできる「三大しわ」と呼ばれます。

化粧水や美容液、マッサージなどのセルフケアがたるみの進行具合に追いつかなくなったと感じたら美容医療を検討する時期だと考えてよいでしょう。しわの原因となるたるみの改善には、次のような治療法があります。

ヒアルロン酸やボトックスなどの注入治療

専用のヒアルロン酸やボトックス製剤を直接皮膚のしわ部分に注入する施術です。お肌を内側から物理的にふっくらさせることでたるみを改善ししわを目立たなくします。元々体の中にある成分ですので副作用やアレルギーの心配が少なくダウンタイムもほとんどありません。注射で行う施術なので短時間で終えることができ、体への負担もありません。

超音波・赤外線・レーザーなどの照射治療

注入治療がしわに直接働きかける施術であるのに対し、照射治療は皮下組織に刺激を与えることで肌の内側からお肌のハリや弾力を取り戻す方法です。皮膚の弾力の元となるコラーゲンやエラスチンは体内で生成することができますが、年齢を重ねると生成量は減少してしまいます。お肌の衰えを感じ始めた時期に照射をすることで潤い成分の生成を促し、たるみ改善へと導きます。

糸リフト

皮膚のたるみを直接引き上げることでキュッと引き締まった印象を取り戻す治療法です。糸リフトは注射針についている糸を挿入する治療なので皮膚にメスを入れることはありません。特殊な素材を使用している専用糸をしわの部分に入れることで直接的な引き上げ効果と、挿入による刺激によってお肌が修復しようとして潤い成分を作り出す機能を高める効果があります。

フェイスリフト

メスを使用するフェイスリフトは皮膚を切開して皮下組織にある「SMAS筋膜」を引き上げることで一気にたるみを解消します。麻酔を使用した施術になりますので体への負担もありますが、たるみ改善には最大限の効果が見込める治療の一つです。注入治療や照射治療などに比べ手軽にできるというものではありませんが、一度の施術で若返りを図ることができるので年齢を重ねた40代・50代以上のたるみに効果を発揮します。

最適な効果をもたらす組み合わせ治療

組み合わせ治療には、照射治療と注入治療といった異なる治療を組み合わせるパターンと、同じ治療法の中で異なる製剤や治療器を組み合わせるパターンがあります。

例・その1 ボトックスとヒアルロン酸

しわやたるみに効果がある注入治療の中でもボトックスは表情ジワに効果を発揮する製剤です。表情筋の働きを抑えるボトックスでしわの溝を整え、さらにヒアルロン酸を注入することで肌の内側からふっくらとした弾力を再現させることが可能です。くっきり深く刻まれたしわやセルフケアでは改善しないたるみもボトックスとヒアルロン酸治療の組み合わせで改善できたと人気の治療です。

例・その2 スマートリフトとBNLS注射<銀座長澤クリニック独自治療>

スマートリフトは銀座長澤クリニックで行っている治療の一つで、脂肪が多い口元周辺をスッキリさせることができます。頬や口元のたるみによって目立ってしまうピンポン玉の大きさほどの脂肪を注射器で吸い取ります。それでも脂肪が残ってしまったときは植物由来成分のBNLS注射で脂肪を分解し、リンパと血液の流れを整えて小顔効果を引き出します。


その3 糸リフトとHIFU(ハイフ) <院長オススメ!!>

HIFUはウルセラとマイクソロンという2つの機種に代表される治療で、超音波を利用してたるみの元となるSMAS筋膜に働きかける方法です。たるみの大きな原因となるSMAS筋膜への働きかけはメスを使用するフェイスリフトがありますが、HIFUは切らずにできる治療として高い効果を上げることができます。

ウルセラやマイクソロンによってSMAS筋膜を引き上げ、さらに糸リフトを行うことで表面上の皮膚そのものをグッと引き上げます。2つの施術を同時に行うことで相乗効果が期待できるのでたるみのお悩みに最適な組み合わせ治療としてお勧めしています。

総合的に最適な治療をご提案!ご相談は銀座長澤クリニックへ

たるみ治療は一つの治療で改善できる場合と、2つ以上の治療を組み合わせることで治療効果がさらに高まる場合があります。患者様のお肌の症状や肌質によってたるみの原因が異なるため、組み合わせ治療はオーダーメイド感覚で作り上げていくので本気でたるみを改善したいという患者様に人気です。体への負担を最小限に抑えながらも美容整形と同じレベルの若返り効果が期待でき、イキイキとしたお肌を取り戻すことができます。

顔のたるみ方は肌質や体質・表情筋の付き方に加え生活習慣や日常的な癖なども関係してきます。現在のお肌の状態を正確に診断し、医学的な原因を探っていく作業があってこそ最適な治療法をご提案できるはずです。将来なりたいお肌、理想の姿を患者様から丁寧にお聞きし美容医療の立場から総合的に最適な治療をご提案することが必要です。

銀座長澤クリニックでは若返りの専門医として糸リフトをはじめとした様々な治療法の中から患者様に最適な施術をご提案いたします。正しい理論に基づいた組み合わせ治療はたるみのお悩みに役立つものと自信を持ってお勧めしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください


コラム

ページのトップへ戻る