たるみ改善で5歳若い自分へ。糸リフトで緩やかな老化を

アンチエイジングコラム

第9回 たるみ改善で5歳若い自分へ。糸リフトで緩やかな老化を

目元や口元、フェイスラインなど顔のたるみは毎日鏡を見ていても気付かないうちに進行しています。加齢に伴うお肌の老化現象は誰もが通る道ですが糸リフトによってたるみの進行を軽減し緩めることが可能です。常に若々しいお肌を保つには「見た目年齢は実年齢よりマイナス5歳」を目標に対策を行っていくことが必要です。今回は糸リフトの持続効果と目的に合ったたるみ治療についてご説明いたします。


糸リフトの持続効果とは

メスを使わないたるみ治療として人気の糸リフトはお肌の引き上げ効果が半年~1年ほど続きます。使用する専用糸は溶ける糸と溶けない糸に分けられますが、どちらも皮膚になじむ期間が必要なため効果が出始めるタイミングは挿入後数週間後からとなります。体内に吸収されていく過程でハリの元となるコラーゲンやエラスティンなどの生成を促進し、たるんだお肌を内側から引き上げられる感覚が得られます。

糸リフトの持続効果は糸と皮膚との相性や生活習慣の違いによって異なるため個人差がありますが、永久にリフトアップされるわけではないので一時的な改善方法と捉えることができます。「一時的なら意味がないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、たるみが進むお肌を一度でも元に戻すことが肌年齢を若く保つためには必要なことなのです。

45歳のときに糸リフトを挿入したとすると肌年齢は40歳くらいに若返った印象を与えることができます。糸リフトの持続効果は半年~1年ほどですので、例えば2年に1回挿入したとしても50歳になったときの肌年齢は44~45歳程度で「マイナス5歳」の印象を与え続けることができることになります。

特に体が変化してくる30歳以降は何も対策を取らずにいるとお肌の老化は急激に進み、たるみもどんどん加速してしまいます。時間と年齢は止めることができませんが、肌年齢やたるみ具合は糸リフトによってゆっくりとした老化を進めることができ若さを保つことにつながります。

改善?予防?目的に合った治療法の選択を

糸リフトはたるみの改善や予防に効果を発揮しますが患者様が目指している理想像や治療目的によってお勧めする治療法が変わってきます。糸リフトでも溶けない糸は溶ける糸に比べリフトアップ効果の持続期間も長くなりますので、一度の施術で長期的な効果を得たいという方に人気です。たるみの進行がかなり進んでしまっているので一気に若返りを図りたいという方には糸リフトよりもメスを使用するフェイスリフトをお勧めする場合もあります。

フェイスリフトは皮膚の土台となるSMAS筋膜からグッと引き上げる施術になるので今出ている症状の改善に役立ちます。長年悩んでいたたるみがまるでなかったことのように仕上がるので予防よりも改善目的の方に最適であり、なおかつ将来的なたるみ予防につながります。何もケアしなければたるみは進む一方ですが正しい知識を持って適切な対処をしていくとお肌は確実に少しずつ改善していきます。糸リフトやフェイスリフトは肌質改善と若返りを助ける治療であり、患者様の目的に合った方法を選ぶことで老化も怖くありません。

まずは相談!30年の実績がある銀座長澤クリニックへ

糸リフトやフェイスリフトは美容医療の中でも細かな卓越した医療技術が必要とされるハイレベルな治療法です。皮膚に糸を挿入する角度やミリ単位の差を調整する緻密な技術と経験が施術の成功を左右します。治療技術に加え美容医療の最新情報や正しい医学的知識も必要となりますのでアンチエイジング治療は信頼できる医療機関で行うと良いでしょう。

銀座長澤クリニックでは30年を超える実績と経験で美容外科一筋の長澤院長をはじめたるみ治療のプロが患者様のお悩みに寄り添った治療を行います。人生80年と言われますが今後は人生100年時代が到来するとも言われ、アラフォーやアラフィフそして還暦を過ぎた60代以降であっても女性が輝ける時代がやってきているのです。変化が激しい現代において信頼できる病院と出会うにはインターネット上の情報だけでなく実際にクリニックへ行き自分の目で判断することも必要となります。

当クリニックのカウンセリングは無料で行っており来院当日はカウンセリングのみでも全く問題ありません。ご自宅に帰ってからじっくり検討していただきご不明な点や不安な点がございましたら何度でも質問にお応えいたします。糸リフトでいつまでも若々しくありたい、老化を楽しめるような自信を持てるお肌でありたいという願いを実現するべくご相談に応じますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。


コラム

ページのトップへ戻る