日本人はたるみやすい?日本人に合ったフェイスリフトとは

アンチエイジングコラム

第10回 日本人はたるみやすい?日本人に合ったフェイスリフトとは

東洋人と西洋人の顔の違い

たるみ治療には超音波治療やメスを使うフェイスリフト・メスを使用しない糸リフトなどがありますが、世界的視点で考えるとたるみは日本人独特のお肌の悩みと言えます。目元や頬、口元といった顔の細かな部分まで気にかかり1本のしわが入っただけで落ち込んでしまうことは欧米人からは理解し難い悩みかもしれません。

日本人を含む東洋人は年齢を重ねるとまぶた周辺がたるみはじめますが、西洋人は比較的目がパッチリしたまま老化が進みます。特に日本人は顔に付いている皮下脂肪の量は多く、保湿力や表情筋が衰え始めると重力に逆らうことができなくなりたるみが進行しやすくなります。

顔の筋肉である表情筋も日本人ならではの理由で西洋人に比べて筋力が低下しやすいと考えられます。人間は表情筋を動かすことによって喜怒哀楽の複雑な表情を作り出しますが、日本人は感情を露わにすることが苦手な上に日本語そのものが他言語に比べ表情筋を使わないと言われています。

皮下脂肪や表情筋の衰え以外にもむくみや加齢によってたるみの進行が進みます。今後のスキンケア対策やたるみ予防・治療を進めていく上で日本人の顔は特にたるみやすいことを頭の中に入れておきましょう。


部位ごとに適したたるみ治療とは

日本人には日本人の骨格や肌質に合ったたるみ治療を行うことが大切です。顔の部位やお悩みごとに治療方法が異なってきますので主な部位についてたるみの原因やお勧め治療法をご紹介します。

目元

目の周りの筋肉や皮下脂肪が衰え始めると顔全体の印象に大きな影響を与えてしまいます。たるみだけでなく皮膚の乾燥や保湿力低下によるしわがさらに追い打ちをかけますので早めの対策が必要です。

目元治療にはヒアルロン酸・ボトックス注入治療や糸リフト・下瞼たるみ除去術・ブローリフトなどがあります。目元のお肌は非常に薄くデリケートなので繊細かつ高度な技術が必要な治療となります。患者様のご希望と皮膚の状態を照らし合わせながら慎重に施術を行います。

眉間・額

おでこ(額)や眉間はたるみが原因でしわができやすい部位です。たるみやしわによって実年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、フェイスリフトや糸リフトの他に予防と改善のためにボトックスとヒアルロン酸の注入治療を定期的に行うことが適しています。

表情筋の衰えが一番出やすい頬はケアをしないと20代・30代からたるみが加速する可能性があります。皮下脂肪が多く付いている部位でもありますので個人差が大きく、加齢によるお肌の潤いやハリの喪失がたるみを引き起こします。

皮膚の土台から改善するフェイスリフトやメスを使わない糸リフトの効果が高く、その他症状に合わせて超音波を利用したHIFU(ハイフ)や注入治療と組み合わせることをお勧めします。

口元

頬にできるほうれい線や口元のマリオネットラインはたるみが原因で出来てしまう症状です。口角は上がっている時と下がっている時とでは顔の印象がガラリと変わりますので、常に上向きになっている口角は他人に良い印象を与えることができます。

口元のたるみ治療も頬と同じくフェイスリフトや糸リフト・超音波治療などがお勧めです。さらに定期的な注入治療を行うとたるみ予防につながり見た目年齢を若々しく保つことにつながります。顔全体とのバランスを取るためにも美容医療の手を借りると同時に日頃のケアやマッサージも平行して丹念に行い、意識的に表情筋を使うようにすると良いでしょう。

一見目立たないと思われがちですが首の皮膚の衰えは年齢を素直に表しているため忘れずにケアをする必要がある部位です。首は皮膚自体が薄いため乾燥を防ぎ保湿対策をコツコツ行うことがたるみ予防の第一歩となります。

顔と同じようにたるみ治療を行うとスッキリとした印象になり若返った感覚を得ることができます。治療法としてはフェイスリフトがお勧めですが短時間で施術可能な糸リフトやボトックス注射なども人気です。

たるみ改善はお一人おひとりに合ったフェイスリフトを

顔がたるみやすいという日本人の特徴を意識した上で美しく年齢を重ねていくためには美容医療を必要とする場面は多くあります。特にフェイスリフトは皮膚表面ではなく土台となっているSMAS筋膜から引き上げていくので顔や首全体をリフトアップできるので最も効果が得られるたるみ治療であると考えられます。部位ごとのお悩みや骨格・肌質に適したフェイスリフトを行うためにはお一人おひとり異なる症状を的確に判断し、たるみの原因を突き止めることがスタートなのです。

原因を把握し最大限のたるみ改善効果を得るためにはカウンセリングや施術・アフターケアにおいて医師と患者様との間に信頼関係が生まれることも必要です。銀座長澤クリニックはワンドクター制を採用しており最初から最後まで安心して通院することができると好評をいただいております。最新設備があるからと言って最高の治療ができるわけではなく、あくまで医療機器を扱う人間が高度な知識と豊富な経験を持った医師・看護師でなければなりません。当クリニックでは美容医療を専門として約30年の歴史があり、皆様のたるみのお悩みを解決へと導いてきた実績がございます。たるみをなんとかして改善したい、治療法の一つとしてフェイスリフトが気になっているという方はぜひ一度銀座長澤クリニックへご相談ください。


コラム

ページのトップへ戻る