日本人はたるみやすい?日本人に合ったフェイスリフトとは

アンチエイジングコラム

第11回 腫れないから安心!院長オススメの「ハレーヌリフト」

銀座長澤クリニックで行っているフェイスリフト(ハレーヌリフト)は皮膚を切開してたるみの原因となるSMAS筋膜を引き上げる施術で、たるみ対策の中で最も効果が出る治療の一つといえます。ハレーヌリフトだけでなく他クリニックでのフェイスリフトにも当てはまることですが、効果が高い反面メスや全身麻酔を使用するため「体への負担や失敗したときのリスクが怖い」と施術に踏み切れないという声があることも事実です。今回はフェイスリフトのトラブル例や原因、銀座長澤クリニックでの治療方法についてご説明いたします。


施術後に多いトラブルとは

フェイスリフトでのトラブル例として顔全体の腫れやむくみ、内出血などが挙げられます。わずか10分足らずで終了する糸リフトと違い、フェイスリフトは麻酔で痛みがない状態にした上でメスを使用するので出血は避けられない施術です。担当医の技術力が結果を左右し、腫れやむくみも施術の質によって度合いが異なってくるのです。

顔全体を引き上げるフェイスリフトは施術後に包帯をグルグル顔に巻いているイメージがあるかもしれません。医療技術が向上した現在は縫合部分にテープを貼る程度で済み入院することもなく当日帰宅が可能です。表面の皮膚をはがしてSMAS筋膜に手を加えますのでやや違和感が残りますが、腫れやむくみは「よく見ないとわからない程度」で済みます。

施術直後に腫れやむくみが起こると「想像していた顔とまるで違う。元に戻らないのでは?」と不安になりますが、通常1~2週間ほどで落ち着きます。抜糸が必要な場合もくぼみや凹みは徐々に減って目立たなくなり、生え際の傷もお化粧でカバーできる範囲になります。痛みや腫れがなく経過が順調な場合は翌日から通常通り出勤することも可能です。フェイスリフトを受ける方は週末や休日を利用して受ける方が多いので顔にメスを入れたことに全く気付かれないということもあります。

痛みや腫れが引かない、むくみがなくならないという場合は遠慮なく施術したクリニックに連絡を入れて診察してもらうことをお勧めします。最近の症例では縫合が雑に行われて耳の穴に支障が出たという報告もあります。痛みやむくみの感じ方は人それぞれですのであくまで個人的な感覚で構いません。「もしかして失敗したのかも?」と不安を募らせるよりもまずは症状を確認してもらい、このまま様子を見てよいのか適切な処置が必要なのかを判断してもらうことが必要です。


腫れが起こる理由と対処法

皮膚表面下のSMAS筋膜をターゲットとしているフェイスリフトの施術は皮膚を切開して剥離する必要があります。1枚だと思っているティッシュが実は薄い2枚のティッシュからできているように皮膚も何層もの組織から成り立っています。たるみの原因となっているSMAS筋膜を他の組織から薄く剥離するときや余った脂肪や皮下組織を切るときに出血が起こりやすく、腫れや痛みの原因となりうる細菌が入ってしまう可能性があるのです。

傷口から感染し炎症や化膿が起こることはごく稀と言われていますが可能性はゼロではありません。感染が原因の場合は抗生物質を投与して対処し、診察の上再度切開が必要と判断する場合もあります。血液が皮膚内に溜まっている場合や細い血管からの出血が続いている場合は皮膚内から専用の道具で血液を取り出します。

痛みをそのままにしておくと皮膚の壊死や血腫が起こる場合もあり楽観は禁物です。見えない頭皮の部分についても同じで傷口周囲の毛が抜けることも考えられます。フェイスリフトは事前のカウンセリングでしっかりと施術についての説明を受け、医師の技術力が確かなクリニックを選ぶようにしましょう。また、施術後のアフターフォローがしっかりできているかどうかを確認することも大切です。


痛みや腫れの心配がないフェイスリフトなら銀座長澤クリニックで

フェイスリフトは施術時間が長いほど丁寧に仕上げてもらえるのではないかと思うかもしれませんが、時間の長さが成功に比例するわけではありません。麻酔が原因のトラブルも長時間になるほど発生しやすい傾向があり、施術時間の長さは腫れの度合いに比例するという関係も指摘されています。

銀座長澤クリニックでは美容外科に加え麻酔科医としての専門知識と経験を持ち合わせている院長自らが全身麻酔と施術を行います。他クリニックでは通常2~3時間かけて行われるフェイスリフトですが当クリニックの平均所要時間は約1時間15分とスピーディーなことも特長の一つです。患者様に安心して施術を受けていただくために大学病院並みの設備を整えており、過去3,000例以上の全身麻酔を行っている中でトラブルは0件と安全性の高さを維持しております。

「ハレーヌリフト」はたるみ改善に必要な正確な皮膚デザインと繊細で高度な技術が伴っている施術であり、痛みや腫れの心配がない最高ランクのフェイスリフトであると自信を持ってお勧めしております。フェイスリフトによるアンチエイジングはお肌の加齢現象をいったん5年前や10年前に巻き戻して若い頃の自分と出会える楽しみがあります。腫れないフェイスリフトをお探しの方はぜひ銀座長澤クリニックの「ハレーヌリフト」をご検討ください。


コラム

ページのトップへ戻る