日本人はたるみやすい?日本人に合ったフェイスリフトとは

アンチエイジングコラム

第12回 切る治療の中身とは?解剖学的に考えるフェイスリフト

フェイスリフトを大きく二つに分けるとメスを使う「切る」パターンとメスを使用しない「切らない」パターンに分けられます。メスを使用して皮膚を切るフェイスリフトも皮膚表面だけを引き上げるタイプや皮膚の土台となるSMAS筋膜から引き上げるタイプなどいくつかの方法があります。年齢とともに表われるたるみの原因は皮膚の浅い部分にある表皮や真皮だけでなくさらに深い部分にある組織が関係しており、基礎知識として知っておくとたるみケアやアンチエイジングに役立ちます。今回は銀座長澤クリニックで行っているハレーヌリフトを例に、切る治療について解剖学的にご紹介いたします。


リフトアップに重要なSMAS筋肉とは?

顔の皮膚は他の部位と同じく骨(骨格)の次に筋肉(表情筋)・脂肪・真皮層・表皮層が重なってできています。お肌の潤いやハリの元であるコラーゲンやエラスチンが存在するのは主に真皮層で、加齢や紫外線の影響によって生成のバランスが保てなくなるとしわやたるみができやすくなります。真皮層のさらに下にある筋肉と脂肪層の間にはSMAS筋膜(表在性筋膜)があり、家に例えると基礎の土台にあたります。スプリング付きマットレスのように押すと跳ね返すバネの役割を果たしており、お肌をピンッと上向きに保つことができるのはSMAS筋膜が他の組織を支えているからです。

SMAS筋膜が弱くなってしまうと土台の上に乗っている筋肉や脂肪、真皮などもハリを保てなくなりシワやたるみが発生します。表皮や真皮には化粧水や美容液が浸透するためシミやしわができてもレーザーや超音波治療などで改善可能ですが、SMAS筋膜は皮膚の奥深い層にあるためなかなか手を加えてケアすることができない部位です。年齢が進むにつれて顔のたるみはどんどん加速しますが、表情筋を鍛えることや保湿対策に加えSMAS筋膜をググッと引き上げることができればお肌を若返った状態に戻すことができるのです。

皮膚の浅い部分だけを引き上げたとしてもまたすぐにたるみは発生してしまいます。切るフェイスリフトである「ハレーヌリフト」は皮膚を切開してSMAS筋膜から引き上げるのでリフトアップ効果が高く長期間持続することが特徴です。加齢や表情筋の衰えなどによって崩れてしまった顔の皮膚を元の正しい位置に戻すことができ、若返った自分の顔と出会えることができる施術なのです。


切っても安心!傷跡を残さないテクニック

皮膚を切るフェイスリフトは施術の最後に皮膚を元の形に戻す「縫合」を行う必要があります。SMAS筋膜を引き上げたことによって出る余った皮膚を切除し、表皮とその下にある真皮を縫い合わせていきます。縫合は外科医としての腕が問われ、二つの皮膚の高さを自然に揃えて傷跡を残さないことが重要です。雑な縫合や美容外科以外の外科手術では縫い目が白い線となって残ってしまう可能性もあります

美容外科として最大のミッション(使命)は患者様のご希望以上の美しい仕上がりをご提供することです。銀座長澤クリニックのハレーヌリフトは耳周辺の皮膚を切開しますが、縫合を行うときはまず真皮層を細かな感覚で縫い合わせていきます。真皮層の上にある表皮は縫い目が残らないよう極細の糸で大きく縫い合わせます。真皮層がしっかりとつながっているので表皮は適度な間隔で大きく縫い合わせると皮膚の細胞同士がつながりやすく、結果的にごくわずかな細い線となり見た目には跡がわからないくらいになります。

フェイスリフトの施術ではメスを使用しますので皮膚に傷をつけることになりますが、豊富な経験と高度なテクニックがあれば傷跡を残すことはありません。切っても傷跡が残らない安心な施術であることも患者様に選ばれる理由なのです。


安心・安全なハレーヌリフトなら銀座長澤クリニック

短時間で済む糸リフトやレーザー・超音波治療など皮膚にメスを入れなくてもリフトアップできる施術が増えています。しかし皮膚の土台からたるみを引き上げSMAS筋膜へアプローチするという点でたるみ治療においてフェイスリフトの右に出る施術はないと銀座長澤クリニックでは考えます。正しい知識と確かな技術力に加えどんなたるみのお悩みにも対応できる高度なテクニックを維持し続け、さらに向上させていくことが我々美容外科医には必要です。

フェイスリフトはエステや糸リフトのように短時間で簡単に済むものではなく、麻酔処理や出血を伴う施術(手術)ですので患者様にとっては勇気が必要になる治療かもしれません。不安に思う患者様が多いと同時にたるみは誰もが悩むことであり、需要の多さやフェイスリフトを希望される方が多いこともまた事実です。多くの美容クリニックが乱立している現代において銀座長澤クリニックが選ばれているのは院長の高い技術力と安全性の高さが大きな要因です。日本美容外科医師会の理事を務め美容医療の技術向上に長年貢献してきた実力で「受けて良かった」と思っていただける治療をご提供しております。高いリフトアップ効果と若返りが手に入る安心・安全なフェイスリフトは銀座長澤クリニックへご相談ください。


コラム

ページのトップへ戻る