全身麻酔はなぜ必要?フェイスリフトに必要な最適環境を

アンチエイジングコラム

第17回 全身麻酔はなぜ必要?フェイスリフトに必要な最適環境を

たるみ改善に最適なフェイスリフトの施術はメスで皮膚を切開するので麻酔を使用して行います。部分麻酔を使用するクリニックがある一方で、銀座長澤クリニックでは全身麻酔を採用しており痛みを感じることがなく目が覚めたら施術は終了していることになります。全身麻酔と聞くとどうしても不安に感じるという患者様もいらっしゃると思いますが、大学病院並みの設備や環境が整っている当院では安心かつ安全な施術を行うことが可能です。今回は全身麻酔の不安を払拭するため、フェイスリフトの麻酔についてお伝えいたします。


フェイスリフト治療の流れ

たるみを改善させるフェイスリフトの施術は通常5~6時間かかると言われていますが、銀座長澤クリニックの「ハレーヌリフト」はおよそ1時間半程度で終了します。施術時間と同じく麻酔時間も短くなりますので体の負担を減らすことにつながります。施術の流れとしてはまずメイク落としと洗顔を行い、施術着に着替えてベッドに横になります。コンタクトレンズをご使用の方は安全確保のため外していただき、必要であればメガネを持参してかけることになります。

短時間の施術で最高のフェイスリフトを完成させるため、引き上げる方向やリフトアップする範囲などを正確に見極めてデザインを起こします。医師の技量が問われる課程ですので、長年の経験と美容外科学会認定医だからこそできるリフトアップデザインで理想の形の基礎を作ります。メスを入れる範囲やデザインイメージが確定した後は麻酔処置を行うことになります。専門医による管理が求められる全身麻酔ですが、麻酔医としての経験がある院長がフェイスリフト施術同様に患者様に寄り添って行います。カウンセリングから麻酔、そしてフェイスリフト施術まで同じ医師が担当しますので患者様の様子を詳しく見ることができ安心感があります。

全身に麻酔が行き渡ると意識がだんだんと遠くなり、気持ちよく眠った状態になります。ウトウトと昼寝をしている午後のような感覚でいるうちに施術が終わり、メスを入れて切開した部分にはテープを貼って保護します。施術はここまでですが、麻酔が残っている場合もありますので30分~1時間ほど専用リカバリールームで休憩していただきます。問題なければ術後の説明や帰宅後の注意点などを看護師から聞き、パウダールームにて化粧や身支度を調えてフェイスリフト施術の終了となります。


全身麻酔について

フェイスリフトは皮膚を切開してたるみの原因となるSMAS筋膜を取り除き、余った皮膚を切って縫い合わせていきます。メスを使用し出血を伴う施術ですので、注入治療に超音波治療に比べると身体的にも心理的にも負担がかかるかもしれません。リスクがかかる分確実なたるみ改善効果が期待できますが、患者様の身体的苦痛や心理的苦痛を取り除くためにも全身麻酔は必須であると銀座長澤クリニックでは考えます。

全身麻酔でのフェイスリフトとはいえ入院の必要はなく、当院では日帰りでの施術が可能です。長時間麻酔をかけていると血圧の変動や不整脈・深部静脈血栓などの合併症を引き越す可能性が高まりますが、正確な技術力と豊富な経験から生まれる施術スピードで短時間で終了します。痛みの苦痛に加え、フェイスリフトは自分の体にメスを入れるという精神的苦痛が伴います。メスを入れてでもたるみを改善して自信と若々しい笑顔を取り戻したいという患者様のお気持ちに寄り添うための全身麻酔であると思います。

局所麻酔でも痛みや出血を緩和することができますが、意識ははっきりしていますので精神的苦痛を取り除くことはできません。フェイスリフトや若返り治療を行った方へのアンケートによると、約9割の方が「痛みに対する不安があった」という回答をしています。フェイスリフトをはじめとする若返り治療は痛みさえなければ受けてみたいと誰もが考えているということですので、眠りについて起きたときすでに施術が終わっている全身麻酔はフェイスリフトに適切であると考えております。


大学病院並みの設備で安心!フェイスリフトなら銀座長澤クリニック

全身麻酔の必要性と妥当性を訴えている理由は、フェイスリフトの施術を行う院長自らが責任を持って全身麻酔も担当するという他のクリニックにはない特長があるからです。まだ美容医療が一般的ではない時代から「患者様の安全を守るためには全身管理麻酔は必須である」という信念を持ち、美容外科医として必要な知識と技術を習得しております。麻酔を安全に行うため美容クリニックとしては異例とも言える大学病院並みの全身麻酔管理設備を整え、これまでに3,000例以上の全身麻酔手術を行い麻酔に関する医療事故は0件という実績を誇っております。

フェイスリフトにおける最優先事項は何よりも患者様の安心と安全です。銀座長澤クリニックは「フェイスリフトは怖いけれど、やってみたい」という患者様の半信半疑な気持ちも十分に理解し、丁寧な説明とカウンセリングで「このクリニックなら」と思っていただけるように万全な体制と設備を整えております。施術後には「ここで良かった!」と心からの笑顔になってお帰りいただける美容クリニックを目指し、医師・看護師・スタッフが一体となって日本で最高レベルの若返り治療をご提供いたします。フェイスリフトに興味はあるけれど全身麻酔が不安という方もぜひ一度当院にご相談ください。


コラム

ページのトップへ戻る