お願いだから消えて!ほうれい線対策で若々しさUP!

若返り・アンチエイジングの治療|銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約
アンチエイジングコラム

第33回 お願いだから消えて!ほうれい線対策で若々しさUP!

顔のしわの中でも目立ってしまうほうれい線は「どんな方法でもいいから消したい!」とカウンセリングを希望される方が多数いらっしゃいます。どの年代でも気になる症状としてあげられ、「40歳を過ぎてからでも改善できますか」「注入治療と糸リフトのどちらを選択しようか迷っています」など問い合わせも絶えません。コロコロと皮膚に当てるだけのマッサージ機器やスチーム美顔器というようにセルフケア用品も豊富に販売されていますが、なかなか改善しない場合は医療の一環として美容クリニックでの治療がお勧めです。ほうれい線の改善に加えて顔全体のしわやたるみの進行をいったんリセットして予防する効果も期待できます。今回は実年齢より老けて見られる一因となってしまうほうれい線の原因と治療法についてお伝えします。


気付いたらクッキリ!ほうれい線ができる原因

芸能人やモデルなど他人から見られる機会が多い職業に就いて丹念にお肌のケアをしている方でも年齢を重ねていくと出てきてしまうしわがほうれい線です。30歳前後から意識し始める方が多く、口を閉じているときにくっきり現れてしまうと一気に老けた印象を与えてしまいます。老化のサインとしてやっかいモノ扱いされるほうれい線は解剖学的に「鼻唇溝」という用語を使います。医学的にできてしまうことが証明されているしわの1つであるのに対し、ゴルゴラインやマリオネットラインといったしわには学術用語がありません。

加齢とは関係なくできてしまうほうれい線はお肌の乾燥・潤い不足・表情筋の衰えによるたるみが原因で知らず知らずのうちにクッキリと刻まれていきます。20~30代では乾燥を防いでたっぷりの化粧水や乳液、美容液といったセルフケアで潤いを保ち続けることが何よりの対策となりますが、40~50代と年齢を重ねるとどうしても出てきてしまうたるみが原因として加わってしまうとなかなか改善することが難しくなります。ほうれい線は一重を二重にしたりまつげを増やしたりといったアイメイクと違い、メイクでカバーすることも容易にはいきません。「若いからまだ大丈夫」と日頃のスキンケアを怠ることなくしわやたるみができにくい生活習慣を意識して行い、30代以上になったらしわやたるみが今以上に進行しないようにすることが必要となります。


美容医療だからできる治療法とは

ほうれい線対策に本気で取り組み、確かな効果を実感したい方には回り道をせずに美容医療の力を借りて改善することがお勧めです。美容クリニックでは必ず医師の診察がありますので、お一人おひとりの生活習慣や表情筋の使い方・お肌の状態などからほうれい線の原因を突き止めていきます。原因に合った治療方法をご提案し、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入治療、超音波を使った治療、糸リフトというように患者様のしわの進行度合いによって最適な治療法を選びます。美容クリニックで治療を開始することで細胞レベルでの改善が見込めますので、ほうれい線だけでなく保湿対策やくすみの改善につながる場合もあります。美容医療の治療を受けることは「きれいになりたい」という気持ちが持続し日常生活の過ごし方やセルフケアにも力が入るきっかけとなります。

雑誌やインターネット上にはランキング形式のクリニック紹介や治療法の詳しい紹介といった情報が多数存在し、しわやほうれい線対策を調べようと思えばいくらでも調べることができます。リンパマッサージや鏡を見ながら行う表情筋のエクササイズ、ほうれい線に効果が期待できる美容液や家庭用美顔器など家庭で手軽に対策を行うこともできます。対策方法や情報があふれているにも関わらずほうれい線に悩む人が減らないのは継続的なセルフケアが難しくて挫折したり、思うような効果を実感できなかったりということが多い証拠でもあります。数ある選択肢の中から自分に合った最適な方法を見つけ出しているうちにも加齢はどんどん進んでしまうのです。

美容にかけられるお金に限りがある場合でも、各種クレジットカードでの分割払いや患者様のご都合に合わせて医療ローンを組むことも可能です。銀座長澤クリニックでは初診カウンセリングはもちろん、再診も無料で行い治療後のアフターケアにも力を入れております。お肌のお悩みやご相談は何度でもお受けいたしますので困ったときに気軽に相談できるクリニックとしてご利用いただければと思います。


プロの手で解決!ほうれい線対策なら銀座長澤クリニック

当院は東京・銀座という美容クリニック激戦区の中でも「若返り専門」として開院以来多くの患者様にご利用いただいております。リピーター様も多くいらっしゃる1つの要因として、美容外科医として30年という院長の経歴や実績に加え実際に受診していただいた方からの口コミが信頼の証となっています。患者様との信頼関係を築くことは美容医療を成功させる上で必要不可欠であり、治療方法におけるメリットとデメリットの両方を正しくお伝えすることをモットーとしております。

ほうれい線対策として定期的にヒアルロン酸やボトックス注射などを行っているとお肌の老化は何もしない皮膚に比べ緩やかに進行します。また、糸リフトや超音波治療などによってほうれい線の進行を食い止め、加齢が進む中でもお肌をいったんリセットすることもできます。美容医療だからこそ確かな効果を実感でき、お肌をワンランクアップさせて薄くなったほうれい線ならセルフケアも楽しく行うことにつながります。お肌のお悩みは美容のプロの手を借りて正しく治療を行い、症状の改善を図っていただきたいと思います。銀座長澤クリニックはほうれい線に立ち向かうあなたを一生サポートし続けます。ほうれい線の治療や対策についてのご相談をお考えの方はぜひ無料カウンセリングをご利用ください。

コラム
銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約