しわ・たるみを根本治療|銀座長澤クリニック

腫れないフェイスリフトで若返り・エイジングケア

腫れないフェイスリフト「ハレーヌリフト」
腫れないフェイスリフト「ハレーヌ・リフト」関連コンテンツ

腫れないフェイスリフト「ハレーヌリフト」

フェイスリフト術は「頬や口の周りのたるみ」、「目尻の下がり」、「首筋のたるみ」、「フェイスラインの下がり」など、こういったお顔全体のたるみを取り除く手術です。
色々な若返り手術の中で最も効果的な方法です。

ハレーヌリフトは、30年に及ぶフェイスリフト手術の豊富な経験からたどり着いた長澤院長オリジナルの手術方法です。

従来のフェイスリフト手術の欠点であった「術後の大きな腫れ」を極限まで減少しつつも最大限の効果が得られ、自然な仕上がりを実現する究極のフェイスリフト術です。

ハレーヌリフトによる効果

右の症例は当院で受けられたフェイスリフト術「ハレーヌ・リフト」のモニター症例です。
以下の効果がお分かりになると思います。

  • 目じりの位置
  • 法令線・ほほのたるみ
  • あご先の張り
  • あご下・首筋のたるみ

※薄くて少しわかりずらいですが、頬のシミの位置が耳側に2~3㎝ほど移動しています。
法令線周辺のたるみが引き上げられていることがお分かりいただけるかと思います。

フェイスリフト術ではお顔のたるみを広範囲に改善し、リフトされることでお肌の張りも良くなります。

たるみが生じる理由

SMAS筋膜とたるみの関係

加齢とともにお肌のコラーゲンやエラスティンが減少し、しわ・タルミの原因となります。
しかし、皮膚がたるむ原因はそれだけではありません。
たるみに大きく関与するのがSMAS筋膜です。

SMAS筋膜は「スプリング」のように皮膚を支えていますが、緩むとその力は弱まり、重力に耐えられず皮膚は伸ばされ、たるみが強くなります。

近年、化粧品やレーザー、超音波など医療機器の向上は著しく、皮膚そのもののケアはしやすくなりましたが、SMAS筋膜は骨格に近い位置にあるため改善することが難しいのです。

当院でも人気の高い超音波照射「ウルセラリフト」は、FDAが唯一SMAS筋膜への効果を認めたフェイスリフト機器ですが、根本的に筋膜のたるみを処理するわけではありませんのでフェイスリフト手術と同等の効果を得ることはできません。

ウルセラリフトについてはこちら

SMAS筋膜をしっかりと処置することがフェイスリフト手術では重要となります。
当院の腫れないフェイスリフト「ハレーヌリフト」は、SMAS筋膜から引上げしっかりとリフトアップします。

SMAS筋膜の処置は効果を高め傷の負担を少なくする

たるんだ皮膚だけ取り除く簡易的なフェイスリフト手術が多く行われていますが、根本治療ではないため、効果が少なく持続期間も短くなります。
効果を求めて無理なリフトをすると傷への負担も強くなり、引きつれや不自然な仕上がりとなります。

一方、たるみの元である深層部のSMAS筋膜から処置する場合は、土台からしっかりと引き上げるため、効果も絶大で、皮膚への直接的な負担も極わずかで済みます。

筋膜をしっかりリフトするため、皮膚表面の傷への影響も少なくなり、傷はほとんどわからない程度まで綺麗に仕上がります。

フェイスリフトの比較

細かい「真皮縫合法」と皮膚表面の縫合技術で傷は極限まで目立たなく

皮膚には表面の薄い皮膚「表皮」と、その内側の厚くて固い「真皮」があります。
一般的な外科手術では、この「表皮」と「真皮」を同時に縫合しますが、その結果、「白くて太い線」のような傷跡となり目立ってしまいます。

ハレーヌ・リフトでは、皮膚の内部(真皮)を非常に細かく縫合し、表皮は髪の毛よりも細い極細の糸で適度な間隔で縫合するため、皮膚が美しくふさがり、肉眼ではほとんどわからない程度までキレイになります。

傷跡が綺麗になる縫合の技術

ハレーヌリフトが「腫れない理由」

ハレーヌリフトは「SMAS筋膜」からしっかりとリフト・引き上げるのにどうして腫れないのか?
それには、30年に及ぶフェイスリフトの治療経験が可能にした長澤院長の技術力によるものです。

手術時間と術中術後の腫れは比例する

手術時間と腫れの関係

自己満足のため長時間をかけて手術を行うドクターもいますが、手術時間と腫れの度合いは比例しています。

長時間かけて治療を行っても、大きな腫れがでるだけで結果は同じ、というケースがほとんどです。
長澤院長のハレーヌリフトは、平均1時間15分で終了します。

的確なデザインと無駄のないスピーディーな技術

ハレーヌリフト手術中の長澤院長

フェイスリフトは取り除く皮膚のデザインがもっとも重要ですが、長澤院長は「たるみ」の要因となる位置をしっかりと見極め、もっともリフト効果が出るデザインを行います。

このデザインが正確なため、治療が始まると迷わず、止まらず、リズミカルに治療ができ、短時間で終了します。
また、いたずらに深い部分の処置をせず、浅い層の処置によって十分なリフト効果を出すため、出血も最小限で済むことも腫れない理由のひとつとなります。

30年の経験と実績があればこその、他ではマネのできない卓越した技術です。

必要最低限の処置で出血もほとんどない

必要最低限の皮膚の剥離(はくり)→出血が少ない→腫れもなく治療後の大げさな圧迫も不要患者さまがストレスなく経過を過ごせる、という点がハレーヌリフトの最大のメリットです。

長澤院長自らハレーヌリフトを体験

長澤院長は、2015年3月にフェイスリフト(ハレーヌリフト)を受けて効果を実感しています。

長澤院長は手術の翌日から診療を行いました。

長澤院長は翌朝から治療部位にテープを貼って、通常業務をこなしました。
リフトアップのご相談に来られた患者さまに、「見てください。私も受けています。」と傷をお見せして、初めて気づかれるほどです。

ハレーヌリフトのタイプと効果範囲

ハレーヌ・リフトは、「たるみの範囲」やご希望より、4つの方法をご案内しております。

治療法法については、患者様とご相談の上、決定します。

ワイドリフト

※ワイドリフトがハレーヌリフトの
スタンダードな治療法となります。

治療範囲

こめかみ~耳前部~耳介後部~襟足上部

リフトアップ効果

目尻周辺、頬~口元、アゴ~首

ミニリフト

治療範囲

こめかみ~耳前部

リフトアップ効果

目尻周辺、頬~口元

ネックリフト

治療範囲

耳前部~耳介後部~襟足下部

リフトアップ効果

アゴ下~首

こめかみリフト

治療範囲

こめかみ

リフトアップ効果

目尻周辺~ほほ上部

術直後はテーピングだけ。大掛かりな圧迫や包帯も不要。

洗顔、お化粧は当日よりOK。もちろん包帯などはないので、お化粧をして、電車で帰れます。

術直後の処置

傷は髪の毛と同じくらいの細い糸を使用し縫合しています。

固定などはする必要が無いため、傷には肌色のテープを貼り経過をみていただきます。

周りの方に気づかれることもなく、お化粧をして電車でお帰りいただくことができます。

大げさな包帯や固定など必要なく、右の写真のように、肌色のテープを張るだけですので、短めのヘアースタイルの方でも髪の毛で十分隠れます。

完全無痛麻酔で行います。痛みの心配も一切ありません。

「治療は受けたいけれど、痛みが心配」という不安から、手術に踏み込めない方は大変多いです。

若返り手術を受けた方、または検討している方へアンケートを行った結果によると、90%以上の方が「痛みに不安がある」と回答がありました。
そこで、銀座長澤クリニックでは痛みの不安を解消するべく「完全無痛麻酔」を採用しています。

麻酔の専門医でもある長澤院長が麻酔をコントロールすることで手術中の痛みをまったく感じません。
点滴で麻酔をすると、数秒で寝ているような感覚になり、その間に手術を行うため痛みを感じることなく終了できます。

手術中は緊張せずリラックスした状態でいることができ、手術終了後はすぐに目が覚めるため入院の必要も無く、歩いて帰宅することができます。

ハレーヌリフトは体の負担も少なく全身管理技術でより安全に

手術時間は平均75分。麻酔の時間も短く、患者様の体への負担が少ない。

大がかりな手術だから麻酔による事故が怖い、とご心配なさる方も多くいらっしゃいます。

麻酔事故のほとんどは「長時間の麻酔」によるものです。

長澤院長のハレーヌリフトは短時間で終了するため、麻酔時間も短くて済みます。
ウトウトと居眠りしたかな・・・という間に終わった、と感想を述べられる方がほとんどです。

長澤院長は麻酔科医としての経験も長いため、安心してお任せいただけます。

全身麻酔3,000症例以上。麻酔トラブル0件。大学病院に劣らぬ全身管理設備

手術室

長澤院長は、これまでに3,000症例を超える全身管理麻酔の実績があり、麻酔に関わる事故やトラブルは「0件」です。

全身管理まで適確に、安全に行えるため、手術中の体調の変化においても迅速に対応でき、「患者様の安全を守る」ことができます。

長澤院長は美容外科手術の専門医であり、かつ、全身管理麻酔を的確に行える数少ない専門医です。
また、大学病院の手術室に劣らぬ医療設備を整えております。

スマートリフトとBNLS注射

ほほの下、口元がピンポン玉大のこぶ状にふくらんだ状態も、老け顔に見える原因です。

このような症状がある方には、注射器でこのふくらみをピンポイントで吸引する「スマートリフト」や、小顔治療として人気が高く手軽な「BNLS注射」で 口元をすっきり見せる治療もおすすめしています。

どちらも腫れることはなく、ハレーヌ・リフトと同時にお受けいただけます。

スマートリフトについて

BNLS注射について

他院での手術の修正について

他院で受けられたフェイスリフトの修正についてご相談にお見え頂く方が多くいらっしゃいます。

症状や状態、受けられた時期などによって修正可能か、もしくは困難なのかなど見極めお伝えしております。

修正についてはこちらをご覧ください。

他院手術の修正について

  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用
腫れないフェイスリフト「ハレーヌ・リフト」関連コンテンツ

ページのトップへ戻る