若返り・エイジングケア|銀座長澤クリニック

ヒアルロン酸注入でしわ解消

注入治療コンテンツ

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、皮膚の真皮層に多く含まれる成分で、皮膚の厚みや弾力性を保つ重要な成分です。

ヒアルロン酸注入では、この皮膚の重要な成分であるヒアルロン酸をしわとなっている皮膚の溝の部分に注入して溝をリフトアップするしわ取り治療です。

しわの改善と皮膚の必要成分を補い、皮膚に厚みを弾力を与えることができます。

ヒアルロン酸の注入ポイント

ヒアルロン酸の注入箇所

ヒアルロン酸は吸収性の成分ですので、製品の種類によって異なりますが、半年~2年でなくなります。

効果を維持するためには反復治療が必要となります。

※ヒアルロン酸注入を複数回行っていると、しわの「癖」が徐々に弱まり、ヒアルロン酸自体が吸収されなくなってもしわが薄くなる傾向があります。

ボトックス+ヒアルロン酸のコンビネーション注入治療

様々な表情によって刻まれた「しわ」はヒアルロン酸かボトックスのいづれかの方法で十分な効果が期待できますが、この二つの注入治療を組み合わせて同時に行うことでさらなる効果を得ることができます。

ボトックスとヒアルロン酸の総合効果イメージ

ボトックスで表情筋の稼働を抑制

表情によってできたしわであれば、その元となる表情筋の対策を行うことがまずは優先です。

ボトックスで表情筋の過剰な動きを抑制すれば、ボトックスの効果が得られている期間は、皮膚の溝が今以上に深くなることはありません。
そればかりか、繰り返しボトックス治療を受けることで皮膚自体にできてしまった「溝」も徐々に薄くなってきます。

ヒアルロン酸で皮膚の溝をリフトアップ

長年刻まれた深い皮膚の溝の場合、ボトックスだけでは十分にその溝を埋めることができず、しわがわずかに残ることがあります。

このような場合はヒアルロン酸を注入することで、しわはさらにフラットになります。また、ヒアルロン酸の成分が「しわ」となった皮膚に潤いや弾力をもたらします。

ボトックスで「しわ」が生じる原因への対策をし、できた「しわ」はヒアルロン酸で埋める。

この組み合わせこそ表情によってできた「しわ」への最も効果的な治療方法といえます。

  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用
注入治療コンテンツ

ページのトップへ戻る