若返り・エイジングケア|銀座長澤クリニック

眼窩脂肪除去で目の下の膨らみを解消

目の下の膨らみ・たるみコンテンツ

目の下の膨らみ・眼窩脂肪の除去法と移動術

眼輪筋の緩みや皮膚の伸びなどの原因を伴わないもしくは軽微な目の下の膨らみは、眼窩脂肪の突出が原因です。

突出した眼窩脂肪を適量除去することで、目の下の膨らみを改善できます。

治療方法には、適量の眼窩脂肪をまぶたの表から除去する「眼窩脂肪除去術」、まぶたの裏側から除去する「経結膜脱脂法」、眼窩脂肪を移動し、まぶたのボリュームを保つ「眼窩脂肪移動術ハムラ法」があります。

眼窩脂肪除去術

眼窩脂肪除去術は、下まつ毛の生え際を2~3ミリ程度切開して、眼窩脂肪を適量除去して下まぶたの膨らみを改善する、一般的な脱脂治療術です。

手術の傷は、下まぶたの生え際のわずか数ミリ程度で全くと言っていいほどわからなくなります。

手術後の腫れも軽微なもので、気にならない程度で済みます。

眼窩脂肪除去術表面イラスト
眼窩脂肪除去術イラスト

経結膜脱脂法

経結膜とは、まぶたの裏側の粘膜のことで、経結膜脱脂法とは、「まぶたの裏側の粘膜からアプローチして脂肪を除去する」方法のことです。

眼窩脂肪の突出による下瞼の膨らみは、眼窩脂肪を適量除去することで改善します。

眼窩脂肪の除去は下まつ毛の生え際を数ミリ切開して行う方法が一般的ですが、瞼の裏側から行うことで、瞼にキズができないメリットがあります。

眼窩脂肪除去術正面イラスト
経結膜脱脂表面イラスト

ハムラ法(眼窩脂肪移動術)

ハムラ法とは、突出した眼窩脂肪を除去せず移動することで、目の下の膨らみを改善し、同時に、目の下の溝を埋める方法です。

皮膚の余剰がある方は下まぶたの伸びてたるんだ余剰皮膚を切除しなくてはなりませんで、同時に外側(皮膚表面)からアプローチします。

眼窩脂肪除去ハムラ法イラスト

若年層など皮膚に余剰のない方の場合は皮膚の裏側の粘膜からアプローチします。※裏ハムラ法。

裏ハムラ法は、瞼の裏側の粘膜のわずかな切開範囲から行うため熟練の技術が必要となりますが、皮膚切除の必要のない方の場合は、無理に傷を作ることなく行えるメリットがあります。

  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用
目の下の膨らみ・たるみ

ページのトップへ戻る