若返り・エイジングケア|銀座長澤クリニック

目の下の膨らみ・たるみを解消

目の下の膨らみ・たるみコンテンツ

目の下の膨らみ・たるみ

目の下の膨らみ・たるみのメカニズム

眼窩の構造

下まぶたには、眼球を重力や衝撃から守るクッションの役割を果たす「眼窩脂肪」という脂肪があります。

眼窩脂肪は、下まぶたの眼輪筋筋膜が本来「防波堤」になり、突出するのを防いでいますが、老化や病気などが起因して筋膜が緩み、眼窩脂肪を支える力が弱くなると、眼窩脂肪が飛び出し目の下が膨らむ原因となります。

この症状に、加齢などにより皮膚が伸びた症状が加わると、膨らみを帯びた下まぶたのたるみの症状となります。


下まぶたの膨らみ

眼窩のたるみ膨らみの状態

下まぶたに膨らみが生じた症状は、飛び出した「眼窩脂肪」を適量除去することで改善します。
治療方法はまぶたの裏側から脂肪を除去する「経結膜脱脂法」と下まつ毛の生え際から脂肪を除去する「下まぶた脱脂法」があります。

経結膜脱脂法・下まぶた脱脂法


目の下のたるみ

目の下のたるみ除去

目の下の皮膚はお顔の中で最も薄く、加齢によって皮膚の伸縮性が失われてくると伸び、細かいしわが複数生じてきます。
さらに眼輪筋の緩みや眼窩脂肪の膨らみが加わると、眼窩(目の下の骨格部)に膨らんだたるみが生じます。

目の下のたるみは、まつ毛の下のラインに沿って切開し、たるんだ余分な皮膚を取り除き、引き上げていきます。
眼窩脂肪の膨らみがある場合は同時に眼窩脂肪を適量除去します。

下瞼のたるみ取り術は、下まつ毛の生え際に沿って行われるので、自然な仕上がりで治療跡もほとんど目立たなくなります

下瞼たるみ除去術

目の下のたるみ・膨らみを糸リフトで改善

糸リフト

目の下のたるみやふくらみが極端に強くなければ、糸リフトで切らずに・腫れずに手軽に改善できます。

糸リフト治療についてはこちらをご覧ください。

糸リフトはこちら


目の下の膨らみ・たるみ

ページのトップへ戻る