若返り・エイジングケア|銀座長澤クリニック

下瞼たるみ除去術で目の下のたるみを解消

目の下の膨らみ・たるみコンテンツ

目の下のたるみ

目の下にたるみは、加齢や乾燥などにより下まぶたの皮膚の伸縮性や柔軟性が失われ、皮膚そのものが伸びている場合や、加齢により眼輪筋が緩み伸び眼窩脂肪が突出したため生じます。

若年層では、眼輪筋に緩みが生じているケースはあまり多くはありませんが、中年以降の方の場合、眼輪筋に緩みが生じている場合が多く、眼輪筋の引き締め処置を行う必要があります。

下瞼の皮膚のみ切除する方法が簡易な方法では、下眼瞼のたるみ取りの合併症である「下眼瞼外反」の可能性が高くなるため、当院では「筋皮弁法」を採用します。

また、眼窩脂肪の突出による膨らみが認められる場合、眼窩脂肪の除去術や移動術(ハムラ法)などの調整を同時に行うことができます。

下瞼のたるみ取り術は、下まつ毛の生え際に沿って行われるので、自然な仕上がりで治療跡もほとんど目立たなくなります

下瞼たるみ取りイラスト

眼窩脂肪の突出が顕著にみられる場合

眼窩脂肪の突出が多い場合は、同時に眼窩脂肪の除去治療を行うことで、より自然ですっきりとした仕上がりとなります。

また、眼窩脂肪の除去を行うことで下まぶたのボリューム現象が懸念される症例の場合は、眼窩脂肪を除去せず、ボリュームが足りない部分に突出した眼窩脂肪を移動する眼窩脂肪移動術ハムラ法を行うと効果的です。

眼窩脂肪除去術を同時に行う場合のイメージ

下瞼たるみ取りと眼窩脂肪除去イラスト

眼窩脂肪移動術ハムラ法を同時に行う場合のイメージ

下瞼たるみ取りとハムラ法イラスト
  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用
目の下の膨らみ・たるみ

ページのトップへ戻る