腫れない・切らないフェイスリフトでたるみを解消|銀座長澤クリニック

ウルセラリフトで若返り・エイジングケア

超音波フェイスリフト「ウルセラリフト」

たるみの元「SMAS筋膜」に直接作用する唯一のフェイスリフト機器

これまでリフト効果を目的とした様々な機器が国内でも導入されてきましたがSMAS筋膜への効果を得るまでには至りませんでした。

ウルセラリフトはFDA(アメリカ保健・福祉省食品医薬品局)から唯一SMAS筋膜への効果が認められたフェイスリフト機器で、確実にSMAS筋膜をリフトしたるみを改善します。

過去に同様の治療機器でリフト効果に満足できなかった方も満足いただける効果を実感いただけます。

ウルセラリフトの照射範囲

ウルセラリフトの照射範囲イメージ

ウルセラの治療効果

たるみ改善部位

額・眉上・こめかみ・上まぶた・下まぶた・ほほ・フェイスライン・口元・あご下

しわ改善部位

法令線・ゴルゴ線・マリオネットライン・首

小顔効果

ほほ・フェイスライン・あご下が引き締まることで、顔痩せ効果が得られます。

頬のハリ、毛穴の引き締め

肌の中で新しいコラーゲンが大量に生成されるため、弾力のある肌に戻ります。もっちりした肌になり、開いていた毛穴を引き締める効果があります。

ウルセラリフトの作用

これまで「SMAS筋膜」の緩みを改善するためにはフェイスリフト手術を施すほか方法はありませんでしたが、ウルセラリフトはハイパワーの超音波が皮膚を痛めることなく深層部のSMAS筋膜の層にダイレクトに働きかけ、リフトします。

ウルセラリフトの作用イメージ

HIFU(ハイフ)について

HIFU(ハイフ)とは、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略で、超音波をレンズを通して一点に集中することで照射エネルギーを爆発的に高めることを意味します。

この原理は、太陽光を虫眼鏡を通して光を集約し黒い紙に当てると煙をあげて燃える現象を超音波に応用したものとお考えいただければわかりやすいと思います。

一点に集約されたピンポイントの位置・深さ以外はエネルギーが透過されるため、皮膚の痛みを直接感じることがなく、皮膚がやけどするなどの心配もなく、深い層にある「たるみの元であるSMAS筋膜」にピンポイントで作用させることができます。

当院では「ウルセラ」と「マイクロソン」の二つの機種を、患者様のニーズに合させてお選びいただけるよう対応しております。

当院のHIFU(ハイフ)ウルセラ・マイクロソン治療の特徴

ウルセラリフトの特徴
  • 2つの方向への照射でより効果的
  • 多重ショットで効果倍増
ウルセラリフトの効果的な照射方法「クロスショット」

照射によりリフトの効果が変わるため、照射する角度や方向が重要です。
筋膜をリフトさせたい方向に照射し、最大限の効果が出るよう工夫しています。
顔は凹凸があるためアタッチメントを一方向ではなく、クロスを描くように2つのベクトルに照射することで、立体的に引き上げることが可能となります。

「最高出力」で「最大の効果」

ウルセラなどHIFU(ハイフ)治療は超音波によって皮膚より深い層にある「SMAS筋膜」にダイレクトに熱を発生し、筋膜を引き締める治療です。

※出力が高くてもHIFUの特性上、皮膚が損傷を受けることはありません。

「強い出力」で照射することで、リフトアップ効果を最大限に引き出すことができます。

ただし、出力が強ければ効果も強くなりますが、出力アップに合わせて、痛みも強くなります。

銀座長澤クリニックでは独自の麻酔によって治療時の痛みを十分に取り除き、最大出力での照射を可能にしています。

HIFU治療を導入している医療機関も最近では多くなりましたが、その多くは、麻酔クリームなど皮膚表面の麻酔で行うため、痛みを十分に取り除けず、出力を下げざるを得ず、十分な治療効果を得ることができません。

無痛麻酔でリラックス治療

点滴麻酔・マスク麻酔

※点滴麻酔・マスク麻酔をご希望の場合、食事や交通手段の注意がございます。事前にお伝えください。

当院では、マスク麻酔、点滴麻酔を用い、無痛でHIFU(ハイフ)治療をお受けいただけます。
痛みを感じることなく、ウトウトと居眠りしている間に治療は終了します。

リラックスして治療をお受けいただくことができますのでご安心ください。

※これらの無痛麻酔は、全身を管理する麻酔技術を習得した医師でなけれが安全に行うことはできません。

全身麻酔3,000症例以上。麻酔専門医だからできる無痛麻酔。

手術室

長澤院長は、これまでに3,000症例を超える全身管理麻酔の実績があり、麻酔に関わる事故やトラブルは「0件」です。

全身管理まで適確に、安全に行えるため、施術中の体調の変化においても迅速に対応でき、「患者様の安全を守る」ことができます。

長澤院長は美容外科手術の専門医であり、かつ、全身管理麻酔を的確に行える数少ない専門医です。
また、大学病院の手術室に劣らぬ医療設備を整えておりますのでより安全に行うことができます。

糸のフェイスリフトとの掛け合わせ治療

糸のフェイスリフトと同時治療「Wレイヤーリフト」 ウルセラリフトでSMAS筋膜のたるみを取り糸のリフトで皮膚のたるみを改善。

糸のフェイスリフト「スレッドスーチャーリフト」についてはこちらをご覧ください

ウルセラについて ウルセラ

ウルセラは、皮膚直下にある表情筋筋膜(SMAS:スマス)へのリフトアップ効果が認められた唯一の機械です。

FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されています。

これまでフェイスリフト手術しか方法がなかったSMAS筋膜を含めたリフト効果が、ウルセラによる超音波照射のみで得られるため、 治療跡や術後の腫れを気になさる方に大変喜ばれております。


マイクロソンについて マイクロソン

マイクロソンはウルセラの廉価版にあたり、韓国で発表されたHIFU(ハイフ)機器です。

そのため、ウルセラに比べ費用を抑えることが可能となり、HIFU(ハイフ)を試してみたい方やアフターケアとして使用したい方にとって選択肢が増えました。

また、マイクロソンではウルセラではできなかった、体のたるみを引き上げることが可能です!

※マイクロソンは医師の指示のもと看護師が照射する場合がございます。


  • 施術の流れ
  • 術後ケア
  • 施術費用

ページのトップへ戻る